標準仕様

基礎・工法

べた基礎

画像:べた基礎

画像:べた基礎

家における「基礎」とは、家の重さ(荷重)を地面に伝える部分のこと。
家自体からかかる、非常に大きな重さを均等に地盤に伝えることで、沈下したり家が重みで損傷したりしない仕組みを指します。

ベタ基礎とは壁部分だけではなく床下全体にコンクリートを打って作る基礎のことです。
地盤と接している部分が広いため、布基礎に比べ家の荷重がより分散されるので、さらに安定した基礎と言えます。
建物自体が重い場合や軟弱地盤ではこのベタ基礎の採用が必須です。
建物の安全性が注目されるようになってからは、構造の安定性の高さから一般木造住宅での採用も増えています。

ベタ基礎の特徴

  • 基礎全体で建物の荷重を受ける事ができるため、不同沈下が発生しにくい
  • 荷重が基礎全体へと分散されるため、多少軟弱な地盤でも問題無い
  • 床面も鉄筋コンクリートで覆われているため、地面からの湿気やシロアリ等の侵入を防ぐ事ができる

基礎パッキン工法

画像:基礎パッキン工法

ベタ基礎であっても床下にはどうしても湿気がたまりやすいものです。
そのために重要なのが床下全体の通気性です。

これまで採用されてきた床下換気は、基礎に穴=換気口を開ける方法でした。
基礎に穴を開けるわけですから、どうしても強度が低くなってしまいます。
さらに、空気の流れにムラができて湿気がこもりやすくなります。

現在では基礎の上にパッキンを乗せ、全体をムラなく換気できる方法が生まれています。
床下全体の湿度が安定し、しっかり換気できるこの方法が木造住宅にはおすすめです。

屋根・外壁

ガルバリウム鋼板

画像:ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板のメリット①

台風、突風、竜巻などの風災にも非常に強い!
ガルバリウム屋根は鋼板の1枚1枚をかみ合わせて施工するため、ズレたり、飛ばされたりということが起こりにくいので、
強い風にも安心の屋根になります。

ガルバリウム鋼板のメリット②

台風、突風、竜巻などの風災にも非常に強い!
ガルバリウム屋根は鋼板の1枚1枚をかみ合わせて施工するため、ズレたり、飛ばされたりということが起こりにくいので、
強い風にも安心の屋根になります。

ガルバリウム鋼板のメリット③

ガルバリウム鋼板屋根は耐久性が非常に高く、耐用年数は25年〜30年と言われています。
同じく屋根で使われるスレート(粘土とセメントでできた屋根)の寿命は10年~20年と言われていますので、10年〜15年ほど長持ちします。

 

外壁下地 遮熱シート「タイベックシルバー」

画像:外壁下地 遮熱シート「タイベックシルバー」

画像:外壁下地 遮熱シート「タイベックシルバー」

外壁の下地に遮熱シートを張るのですが、弊社では高性能のタイベックシルバーを採用しております。

画像:外壁下地 遮熱シート「タイベックシルバー」

タイベック®シルバーは、高密度ポリエチレン不織布タイベック®にアルミニウムを蒸着させ、さらに繊維の一本いっぽんにアルミニウムの劣化を防ぐ抗酸化樹脂コーティングを施した遮熱シートです。薄い防水フィルムに透湿アルミニウムを挟んだだけの他社製品とは異なり、長期間使用しても遮熱性、防水性の劣化が少ない、強靭な建材です。

タイベックシルバーの6つの性能

画像:タイベックシルバーの6つの性能

①遮熱性 赤外線の約85%を反射

夏は屋外(外装材)からの輻射熱(赤外線)を反射し室内を涼しく、冬は屋外への熱の放射を抑え室内を暖かく保ちます。

②遮熱耐久性 アルミニウムの酸化劣化を防止

タイベック®シルバーは、独自の構造と抗酸化樹脂コーティングにより、酸化劣化を抑え、建材として充分な耐久性を確保しています。
日本国内で最も高温多湿となる地域での通気層内(温度65°C、相対湿度93%)を想定し、10年経過後と同等の状態になるように劣化促進試験を行った結果、
赤外線反射率の変化はごくわずかで、シートおよびシート表面にも劣化はほとんど確認されませんでした。優れた品質は、10年経過しても変わらないと予想されます。

③透湿性 湿気を逃がす無数の隙間

タイベック®シルバーなら、無数に存在する繊維の隙間から湿気を逃がし、通気層内の湿気のこもりを防ぎます。

④防水性 高密度繊維が水をブロック

タイベック® シルバーの極細繊維構造は、湿気は通しても水を通しません。

⑤防水耐久性 防水性残存率97%

透湿・防水シートは、熱と紫外線の影響により、劣化が促進し、耐水圧が低下してしまいます。
タイベック®シルバーはアルミニウムを蒸着し、抗酸化樹脂でコーティングが施されているため、高い防水耐久性を実現しています。

⑥強靭性 施工による損傷にも強い

タイベック®シルバーは施工中の多少の引っ掻きや引っ張りにも耐える強度があり、タッカー穴の広がりも軽微です。

外壁素材 窯業系サイディング

KMEW 光セラ セラトピア&光セラ

画像:KMEW 光セラ セラトピア&光セラ

ニチハ モエンエクセラード16・Fugeも対応しております。

外壁素材 K型スパン

画像:外壁素材 K型スパン

はめ込み式の板金で長さ方向の継手は無く、しかも1枚物で貼るので釘が見える個所はほとんど無く、軽量で建物にかかる負担を少なくする事ができ、耐震性にも良い不燃材料で、色も種類も豊富です。
今は遮熱仕様で、メーカーの保証期間も15年以上が多くなりました。

瑕疵住宅担保保険(10年)

画像:日本住宅保証検査機構

瑕疵とは、外部から容易に発見できない欠陥のことを指します。
10年間は構造体力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分についてJIOによって検査を行い、JIOの検査機関から承認が出たうえで保証されています。
保証部分は、具体的には柱や基礎等、不具合があると住宅の強度が低下してしまう部分や、屋根や外壁等きちんと防水処理をしていないと
雨水が侵入してしまう部分です。

画像:瑕疵住宅担保保険(10年)

瑕疵事故の94%が「雨漏り」です。
雨漏りの不安を解消するために、外装下地の防水検査を追加で行っております。